FC2ブログ

NPO法人ぎふ多胎ネット

http://gifutatainet.com/ をご覧ください。

プレパパママ教室 2012

お腹で日々成長する赤ちゃんたち、誕生が楽しみなことと思います。

お腹の赤ちゃんがふたごちゃんやみつごちゃんとわかり、喜びを感じておられる反面、情報の少ないふたごやみつごの妊娠・出産・育児に不安も感じていませんか?

ぎふ多胎ネットでは、岐阜県立看護大学や関係行政機関と連携して、地域の助産師さんのご協力のもと、ふたご等を妊娠されたお母さんが地域で楽しく安心して出産・子育てができるよう「ふたごちゃん・みつごちゃんのプレパパママ教室」を開催します。

同じぐらいの時期に生まれるふたごちゃん、みつごちゃんのパパやママたちと知り合いになれますし、ふたごちゃん、みつごちゃんの先輩パパやママから体験談を聞くこともできます。

参加費は無料です。メールフォームからもお申し込みいただけます。
ご夫婦・ご家族で参加してくださいね。


【 開催予定 】24年度

西濃会場 5月20日(日)終了しました。
  会 場 大垣市中川ふれあいセンター
  所在地 中川町4丁目668 - 1   TEL.0584-82-8888  

岐阜会場 7月29日(日)終了しました。
  会 場 各務原市総合福祉会館 
  所在地 各務原市那加桜町2 - 163   TEL.058-383-7500

中濃会場  8月5日(日)終了しました。  
  会 場 可児市保健センター
  所在地 可児市広見1 - 5   TEL.0574-62-1111

飛騨会場  9月2日(日)中止となりました。  
  会 場 高山市保健センター
  所在地 高山市花岡町2 - 18     TEL.0577-35-3160

【後期日程:予定】 ※詳細は後日お知らせいたします。
・西濃会場 10月21日(日)
・岐阜会場 12月中
・中濃会場 平成25年2月3日(日)
・飛騨会場        3月3日(日)


多胎のプレパパママ教室のチラシは、こちら


ぎふ多胎ネット主催
「多胎児プレパパママ教室」は、岐阜県新しい公共の場づくりのためのモデル事業「ふたごちゃん・みつごちゃん育児応援事業」より委託を受けて開催しています。




東濃保健所主催のプレママパパ教室にもご参加ください。
前  期 6月10日(日) 終了しました。
  会 場 瑞浪市保健センター
  所在地 瑞浪市上平町1-1    TEL.0572-67-2700

後  期 11月11日(日)  
  会 場 土岐市保健センター 
  所在地 土岐市泉町久尻47番地16 TEL.0572-55-2010
 
※東濃会場については東濃保健所(℡0572-23-1111)にお問い合わせください。


※時間はいずれもPM1:30~3:40です。


※ふたごちゃん・みつごちゃんを妊娠・子育て中のご家庭を訪問する「ピアサポート訪問」のお申し込みは、随時受け付けています。 チラシやメールフォームを使ってお申込み下さいね♪


スポンサーサイト



[ 2012/07/30 08:29 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

わたしたちの活動

ぎふ多胎ネットでは、妊娠期から出産後の育児期まで、多胎児家庭への隙間のない支援をめざし、次のような支援メニューを提供しています。

プレパパママ教室
多胎妊婦家族を対象として、多胎出産や妊娠期の注意点の講義、先輩多胎家族との交流等を行います。

病院サポート
病院へ定期的に訪問し、多胎育児経験者であるピアサポーターが多胎妊産婦に寄り添い、お話をうかがいます。

家庭訪問
ピアサポーターが、妊娠期から育児期までの多胎児家庭を個別訪問し、お話をうかがったり体験をお話ししたりします。

多胎児健診サポート
市町村の4ヶ月健診、10ヶ月健診などにサポーターを派遣し、受診のお手伝いやお話をうかがいます。

多胎育児教室
県内各地に出向き、おおむね0歳~3歳の多胎児を持つ親を対象に育児教室を開催します。

多胎のつどいサポート
行政主催の「多胎のつどい」を訪問し、先輩ママとしてつどい参加者をサポートします。

多胎イベント
多胎家庭を対象としたイベントを開催します。

多胎に関する研修会の開催
当事者に向けた子育て研修会や、子育て支援者・保健師・保育士など専門職に向けた多胎支援研修会などを開催します。

多胎支援に関する講師の派遣
多胎家庭の理解、多胎支援、多胎の子育てなど依頼に見合った多胎に関する講師を派遣します。

多胎支援の人材育成
多胎支援を担うピアサポーターやコーディネーター、多胎研修会の講師など支援に必要な人材の育成・管理をしています。

情報・啓発
活動内容などを載せたニュースレター、多胎育児の手引き、サークル・つどいの一覧表など、多胎に関する情報の収集と提供を行っています。


支援メニュー表のPDF
[ 2012/07/15 08:10 ] わたしたちの活動 | TB(-) | CM(-)

ぎふ多胎ネットとは

ふたご以上の多胎児の出産は1995年以降に急激に増え、現在は全体の1%を超えています。岐阜県は全国的に見ても多胎児の出産の多い県で、2000年代に入ってからは多胎分娩率が常に上位にあります。
多胎の場合は出産から育児に至るまでさまざまな負担があり、特別な支援の必要が求められています。
多胎出産はハイリスクであることに加え、周産期医療の問題、高齢出産、不妊治療などのリスクの重なりによる問題が生じやすいと言われています。また、出産後もその育児負担の過重さや子ども自身の低体重出生、障がい等の問題から虐待のリスクも高くなります。
医療現場や地域保健の立場からもリスク家庭として支援の目が向けられていますが、多胎家庭は医療から地域、さらに教育へと子の成長に伴った一連の支援の隙間に落ちやすいとも言われています。
「ぎふ多胎ネット」は、こうした医療、地域保健、教育など多胎家庭をとりまく関連機関との連携をとりながら、地域ネットワークの中でそれぞれの機関がつながり合い、情報を共有し合いながら多胎家庭を支援していくことを目的としてさまざまな活動をしています。
全ての多胎家庭が健やかに幸せに暮らせることをめざして。
[ 2012/07/14 08:12 ] ぎふ多胎ネットとは | TB(-) | CM(-)