FC2ブログ

NPO法人ぎふ多胎ネット

http://gifutatainet.com/ をご覧ください。

ピアサポーターフォローアップ講座(多治見会場)を開きました。

東海地方に梅雨入り宣言が出された5月29日ピアサポーターフォローアップ講座(多治見会場)が、多治見市総合福祉センターにて行われました。

受講者は、コーディネーター7名、サポーター5名、行政関係者2名の合計14名でした。

DSC_0153.jpg

「話すことで、なぜすっきりするの?」~多胎育児の社会学入門~のテーマで同志社女子大学の越智祐子先生にお話いただきました。
DSC_0152.jpg

前半は「知っていますか?ふたごの子育て」ということで、私たち多胎児の親が作業量といった物理的な問題以外に「何に」困難さや疎外感を感じているのかが、どんどん扉が開くように紐解かれていきました。自分の気持ちを分かりやすく代弁してもらったようでとてもスッキリしました。

後半の「話すことでなぜすっきりするの?」では、ピアの立場だからこそできるサポートの有効性をお話いただきました。

「存在そのものが既にサポートなんです。自信がないことにこそ、自信を持とう!」の言葉が、実際のサポートの現場で自信がなくなってしまった経験がたくさんある私たちへエールとなりました。

越智先生の軽快な語り口の二時間はあっという間に過ぎました。



講座の後は、近くのイタリアンのお店でランチ交流会をしました。一卵性女子の洋服選びの傾向(?)や我が子の彼氏彼女にドキドキの母、ケンミンショーもびっくりの食べ物談義、スマホ講座に多治見自慢…話題は尽きません。美味しくお腹も心もいっぱいになりました。



by Manami
スポンサーサイト



[ 2013/05/30 08:28 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

ピアサポーターフォローアップ講座(岐阜会場)を開きました。

平成25年5月11日(土)岐阜市長森コミュニティーセンターにて、同志社女子大学の越智祐子先生をお招きし、ピアサポーターフォローアップ講座「話すことでなぜすっきりするの?~多胎育児の社会学入門~」を開きました。この講座にはピアサポーター21名が受講しました。

岐阜フォローアップ2013


越智先生は以前仕事の関係で色々な育児サークルの見学に行かれ、その時に子供達がたくさんいる多胎児サークルの会場の様子、とにかく毎日が大変というお母さんの言葉などに興味を持ち、多胎児の社会学について研究したいと思われたそうです。私達にはちょっと耳慣れない社会学の講義でしたが、楽しく丁寧にお話しして下さいました。

まず、世間と私達の「双子」と「育児」のイメージについて社会学的に解説されました。世間は「ふたご」を1セット、「育児」は単胎(母1に対して子1)を基準としている。これが私達が多胎育児をしていくうえで何か違う・・・と感じるところであり、世間一般のように育児できない私達をもやもやさせるのである。

次に「双子と社会」について。社会学において社会の最小構成人数は3人といわれている。単胎の母子関係(2人)に比べて双子の母子関係(3人)は複雑である。双子を育てる時、多くの親が2人を平等に育てたいと思っている。しかし日々の生活の中で双子に優先順位を付けなければならない事が多々ある。その都度私達は瞬時に判断して順番をつけており、これはとても難しい事で、すごい事なのである。多胎育児の物理的なケア量が多い事は世間に理解されやすいが、このような質的なケア(関係性のマネジメント)については理解されにくく、これも何か違うと感じるところである。

少数派の育児には少数派の「ものさし」(うまくいくやり方)がある。それに気付き認めていこう。そして自分達を説明できることばを持とう。ことばには力がある。だからそれを話す事ですっきりできるのである。前半を踏まえたうえで、後半はピアサポートについて解説してもらいました。

ピアサポートはソーシャル(社会)サポートの一部であり、その中でもコンパニオンシップ(同じ仲間)によって行われる事で、情緒的サポートの効果が得られるのである。しかし私達は「ちょっとだけ先輩」という存在で完璧ではなく、ネットワークの一部なのです。

非専門家による支援の限界を知りつつ、しかし私達がピアする事でほっとする事が出来る誰かの為に活動するのである。ことばには力があるのです。

私達のことばにも力があるのです。多くのサポーターがこんな自分で良いのだろうかと迷いながら活動している中、今のままの私達で大丈夫、自信がないことに自信を持とうという先生の言葉がとても心強く、今の私達の活動の意味を再確認することが出来ました。

この講座を県内各地のサポーターが受けられるよう、この後5月29日に多治見地区で、6月7日には飛騨地区で開催する予定です。



by Keiko N
[ 2013/05/30 08:26 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

今年度最初の「プレパパママ教室」を開催しました!

5月19日午後、岐阜市じゅうろくプラザにて今年度最初の「プレパパママ教室」を開催しました。

ふたごちゃんを妊娠中の7組のママやパパやその家族が参加してくれました。

ひよこ助産所の吉良先生の多胎の妊娠と出産についての講義と
519吉良先生

長良医療センターの大嶋助産師さんの病院での様子などの講義は
519大嶋さん
実話や写真がいっぱいで、多胎特有の必要な知識が盛りだくさん。

真剣な表情でメモを取るパパたちの姿が印象的でした。

後半の先輩家族との交流会では、出産準備品やふたごちゃんが生まれた後の生活についての先輩たちの生の声は、インターネットや育児書とは比べ物にならないほどリアリティがあってママのグループからもパパのグループからも「え~っ!」と驚きの声が聞こえたり、笑い声が聞こえたりで、プレパパママさんたちはふたごちゃんのいる生活について色々な想像ができたようでした。

ママグループの様子
519ママ

パパグループの様子
519パパ


託児もスタッフの多胎児を持つママが担当。
519託児

お手伝いしてくれたスタッフの子どもたちがチビちゃんたちをお世話したり遊んだり、とてもほほえましかったです。

来月は東濃地域で開催予定です。東濃地区のプレパパママさんたちお楽しみに!


by Manami 
[ 2013/05/28 13:00 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)