FC2ブログ

NPO法人ぎふ多胎ネット

http://gifutatainet.com/ をご覧ください。

『にこにこ子育て教室』in東濃を開催しました(2月19日)

2月19日『東濃にこにこ教室』最終回を学びの丘エールにて開催しました。
6組の双子ちゃん親子とお姉ちゃんが参加してくださいました。

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)


今回は最終回ということもあり、一つの輪になりフリートークしてもらいました。
『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)

最後に一人一言。

『ここはお家みたいで落ち着く』『共感できる話もたくさんできるし、アットホームなかんじが居心地がいい』『ここに参加したのが初めて一人で二人つれてのおでかけだった、最初は泣いてたけど、今では名前呼びの返事もできる、楽しく遊べるようになってうれしい』『また参加したい』などの言葉をいただきました。

にこにこ教室が外出への一歩に繋がったこと、こどもたちの成長も感じられる時間になったこととても嬉しく思いました。

ママ達は手遊びをこども達と楽しみ、トークに真剣に耳を傾けたり、笑顔がとても素敵でした。

そんなママ達の笑顔、楽しい話し声がこども達を安心感をあたえているですね。

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月19日)

また、来年度『にこにこ教室in東濃学びの丘エール』で皆さん、新しい仲間の参加を楽しみに待っています。






スポンサーサイト
[ 2016/02/23 15:53 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

「ぎふ多胎家庭白書・巻頭座談会」を行いました(2月19日)

2月19日金曜日10:00〜12:00多治見市福祉センターにて「ぎふ多胎家庭白書・巻頭座談会」が開催されました。

ぎふ多胎家庭白書・巻頭座談会(2月19日)

ぎふ多胎家庭白書・巻頭座談会(2月19日)


名古屋学院大学の越智祐子先生のコーディネートで岐阜県立看護大学の服部律子先生、岐阜県立多治見病院の福士せつ子助産師さん、多治見市保健センターの横田真己保健師さん、中津川子育て支援センターの林智子保育士さん、小3の男児双子パパ松葉敬文さん、小3の男児双子ママ加納真奈美さんの6人がそれぞれの立場で「ぎふ多胎家庭白書」を読んでの思いを語り合いました。

さまざまな双子家庭の抱えた問題や普段見過ごされがちな双子パパの置かれた状況などが語られ、双子出産というリスクを乗り越えることで親としてどのようにエンパワメントされるのか、家族再生の道をどのように歩むのかが実体験を通して明らかになりました。

詳しくは「ぎふ多胎家庭白書」をお読みください。

白書はもうすぐ出来上がります!お楽しみに!

ぎふ多胎家庭白書・巻頭座談会(2月19日)

[ 2016/02/21 07:16 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

東海ろうきん助成事業の仮想理事会を行いました(2月17日)

2月17日水曜日14:00〜15:30まで岐阜県立看護大学にて東海ろうきん助成事業の仮想理事会が開かれました。

仮想理事会(2月17日)

仮想理事会(2月17日)


当日はこの助成事業の審査員でもある四日市大学の松井真理子先生、東海労働金庫の山本陽子さま、コミュニティーユースバンクmomoの小池達也さまをお迎えし、岐阜県立看護大学の服部律子先生はじめ、ぎふ多胎ネットのメンバー8名の総勢12名で熱のこもった討議がされました。

主な議題は「ぎふ多胎家庭白書」の効果的活用と多胎ネットの活動をどのように広げながら継続していくかの2点でした。

松井先生からは「素晴らしい白書、これのダイジェスト版を作って全国で研修会をしますよ、と呼びかけ、政治や報道などの分野の人にも発信すべき」、小池さんからは「東信プロボノでSROIが約5千万円と出たのだから各地域のステークホルダーの数を計り、地域ごとの貨幣価値で訴えていったら良い」、山本さんからは「助成金を取って活動を継続して多胎だけでなく社会に貢献する活動としてほしい」というご意見をいただきました。

来年度の取り組みの方向性が確認できる会となりました。

[ 2016/02/20 06:11 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

中津川子育て支援センター「ほっとけーき」 3月のお知らせ

中津川子育て支援センター「ほっとけーき」3月のお知らせです。

近くの方、ぜひおでかけくださいね~♪



子育て支援センター「ほっとけーき」3月【表】

子育て支援センター「ほっとけーき」3月【裏】


[ 2016/02/19 18:54 ] おしらせ | TB(-) | CM(-)

「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会(2月13日)

2月13日(土)に、「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会が、多治見市の「とうしん学びの丘エール」にて開催されました。
当日は、このプロジェクトに参加しているNPO法人曽木まちづくり協会さんと、私たちぎふ多胎ネットの各関係者や東信職員の方々、また行政の方々など、約60人が集まりました。
8月から半年間、東濃信用金庫の職員の皆さまと一緒にミーティングを重ねてきた結果を発表しました。

「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会(2月13日)

「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会(2月13日)

「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会(2月13日)


まず、ぎふ多胎ネットの活動を紹介し、なぜこのプロボノプロジェクトに参加したかをお話したあと、私たちの活動を貨幣価値に換算するという「SROI測定」の結果が出ました。
アンケートやヒアリングなどを行い算出した結果は、
なんと!5000万円ちかい金額となりました!
今回は私たちの活動のうち「にこにこ子育て教室」だけを対象とし、一年間の教室の貨幣価値化をおこなったものです。
出てきた金額に一同ビックリでした。

また、課題解決チームで取り組んできた成果も発表されました。
大きな課題の、①活動周知②今年度末発行の「多胎家庭白書」の有効活用③資金集めのうち、今回は「資金集め」の絞って発表がありました。
支援してくれる企業や個人を増やす、ホームページなどへ広告を載せる、今回SROI測定で出た結果を行政との協働につなげる、などいろいろな案が提示されました。

今回のプロボノプロジェクトで、東信の皆さまにぎふ多胎ネットをたくさん知ってもらえ、「ほんとにいい活動をされていますね!」といった嬉しい声をいただきました。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
今回のプロボノの結果を、今後に活用していきたいと思います!
[ 2016/02/17 22:18 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

『にこにこ子育て教室』in東濃を開催しました(2月12日)

3回目の『にこにこ子育て教室』in東濃は、「とうしん学びの丘エール」にて開催、5組の双子ちゃん親子とお姉ちゃんが参加してくださいました。

今回は参加者のみなさんがスタッフに聞いてみたいことを1つずつ話してもらい、そのあとスタッフの自己紹介を兼ねてお答えさせていただく…という形でのトークタイムを設けました。



・1人の子がなかなか寝なくてないてぐずってしまう。どうしたらいいか。

・そろそろミルク、哺乳瓶をやめるように保健師さんから言われた。みなさんはいつ、どのように止めたか。

・双子とお姉ちゃんの3人姉弟。先日お姉ちゃんが迷子になってしまった。子どもが迷子になった経験はあるか。どのような対策をとったか。

・フォークやお箸をとのように使えるようになったか。

・叱ることについて。



スタッフの双子も大学生から年少さんまで幅がありますが、どの質問もスタッフも同じ悩みの経験アリ。

その対策方法は同じものもあれば違うものもあるので、1つの質問に対してもいろんな経験談をお話しさせていただきました。

いろんな方法、考え方があるかと思いますが、思いを共有していただいたり、参考にしながら、双子&兄弟姉妹の育児に役立てていただければ~と思っております。

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月12日)


『にこにこ子育て教室』in東濃(2月12日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月12日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月12日)



[ 2016/02/17 22:08 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

『にこにこ子育て教室』in中濃を開催しました(2月4日)

2月4日、中濃にこにこ教室も今年度の最終回となりました。

岐阜県インフルエンザ注意報も発令され、参加者少なくなってしまうかなぁと心配しましたが、11組参加してくれました。

初めましての3ヶ月双子ちゃんファミリー、久しぶりの双子ちゃん、リピーターの双子ちゃんと賑やかな会となりました。

『にこにこ子育て教室』in中濃(2月4日)

久しぶりの双子ちゃん達もずいぶんと成長(^ー^)。3歳をこえる双子ちゃん達は、赤ちゃん達に興味津々、可愛くてしかたいようで微笑ましい光景でした。

グループトークもそれぞれもりあがりました。

最後に一人一言。今回で参加が最後となる入園を迎える双子ママさんから『この教室があったから外に出られた。双子ママともいろんな話ができて嬉しかった。気づけば自分の子も大きくなり、成長を感じられるようになった。今では、上の子も含め育児がたのしい。今小さい双子ちゃんの育児大変だけど、必ず楽になったかな、楽しいっておもえる日が来るから頑張ってね』と、エールをおくってくれました。

今までの育児を振り返り涙されるママも、全力で育児してきているからこそですね。

参加者みんなで、子供達を見守り、ママ同士交流し素敵な最終回となりました。

半年後また成長した双子ちゃんそしてママ達にお会いできるのを楽しみに待っています。

『にこにこ子育て教室』in中濃(2月4日)

『にこにこ子育て教室』in中濃(2月4日)

[ 2016/02/07 21:09 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

『にこにこ子育て教室』in東濃を開催しました(2月5日)

朝晩はやっぱり寒いですが、立春を過ぎ今日は日中お日様のおかげでポカポカ暖かい日となりました。

今朝のニュースを見ていたら、今日の育児教室の会場の多治見市ではつくしが顔を出したとか…。

一歩ずつ春に近づいてきました。



今日は東濃信用金庫さんの『学びの丘 エール』にて、今年度後期のにこにこ子育て教室in東濃の2回目を開催しました。

今日の参加者さんは7組。

双子7組とお姉ちゃん、ママ7人の15人が参加してくださいました。



まず最初は朝のごあいさつ~「おはようのうた」♪(^^♪と手遊び♪(^^♪
『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)


「ぱんぱんぱんぱん いないいないばぁ~」

とってもかわいくできて◎

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)


次に歌に合わせてお名前を呼びました。

上手に「は~い」
『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)

「バスにのってゆられて~ GO GO!!」

『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)


パラバルーンは大きな子はスタッフと一緒に持って遊び、小さい子がパラバルーンの下にもぐりこんで遊ぶ…パラバルーンの下は風がフワッと吹いて面白いんですよ。
『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)


後半はママのフリートーク
『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)

今日の参加者さんは前期にも参加されていた方ばかりのため、みなさんすでに顔見知りのおともだち。

2つのグループに分かれてのフリートークは盛り上がってました。

ママたちのフリートーク中はスタッフがお子さんのお相手をしていますので、安心してフリートークを楽しんでいただけたかと思います。





そして、最後は絵本タイム。


『にこにこ子育て教室』in東濃(2月5日)

今日は「だるまさんと」と「びよ~ん」

みんな一緒に「びよ~ん」してくれます。

みんなの「びよ~ん」とってもカワイイです。



ママさんには1人1言ずつお話しをしていただきました。

その中でみなさん大変だと思われているのが『食事』。

少しずつ自分で食べようとする姿も見られる中、遊び食べもアリ。

食事中のテーブルが…床が…手が…服が…顔が…食べ物投げちゃうし…大変なことになり、後片付けもたいへ~ん。

双子ちゃんなので、その汚れ具合も2倍以上!!

「うちもよ~」

「そんな時どうしてる?」

「もうあきらめて放っておく…」

ママたちも大変でイラッ!





そんな中、10歳のお兄ちゃんのいるママさんからとてもステキなご意見が…

「こんな様子をビデオ撮ったり写真撮ったりしちゃう~。大きくなってこぐちゃぐちゃな様子の写真を見るのって楽しいのよ」と。

うん!確かに!そうかも!

今の時期の特徴だもんね。このぐちゃぐちゃ。

しかもぐちゃぐちゃ具合は通常の2倍以上、ハンパないし。

せっかく撮るなら派手な写真の方がより面白い!

お子さんが大きくなって「こんなふうだったのよ~」と話しをするときの思い出とネタ作り。

毎日のイライラを発想の転換で楽しいものにしてしまうヒントをいただきました。

みなさんもぜひお試しください(*^▽^*)



次回の『にこにこ子育て教室in東濃』は2月12日(金)です。

多治見方面はインフルエンザが流行りだしたと聞きました。

みなさん、来週も元気に参加していただけますよう、体調管理バッチリでスタッフ一同お待ちしております(‘-^*)/


[ 2016/02/05 15:40 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)